有朋高等学院ロゴ


校長あいさつ

 校長先生    

校長 神野 美智男

   博士(認知心理情報学)
   公認心理士(国家資格)




 2020年が明けると同時に,新型コロナウイルス感染症が確認されました。その感染症は, 1年以上経った今でも地球上のすべての国々や人々を苦しめ,翻弄し続けています。

 私は中学生の頃から「私は何のために生まれてきたのだろう」と,自分自身に問いかけることがありました。 君たちよりも多くの年齢を重ねてきた今,その問いに対する答えが,何となくわかってきたように思います。 私たちの人生には,さまざまな試練や答えを導き出すことが非常に難しい課題が、あちらこちらにたくさん散りばめられています。 私たちの人生は,それらの試練に耐え,一つ一つの課題をこなしていくことの繰り返しです。 試練や課題は,自分自身にだけ課せられるものから,すべてに人々に共通して課せられるものまでさまざまです。 今回の感染症にどう立ち向かうかなどは,すべての人々に共通して課せられた問題と言えるでしょう。

 試練や課題はその大小に関係なく,正面から真摯な態度で取り組んでいかない限り,決して解決に至ることはありません。 つらく苦しい思いをしながらこれらをこなし続けなければならない人生に、果たしてどのような意味があるのでしょう。 この意味こそが「私は何のために生まれてきたのだろう」という問いに対する答えです。これらをこなした先には, どのような世界が待っているのか,どんな自分に出会えるのかなどは,すべて未知の世界です。これらについて考え続けることもまた, 私たちに課せられた大きな問題に違いありません。この世に生を受けた以上,多くの試練や課題は誰にでも平等に与えられた運命と考えて, つらさや苦しさに背を向けることなく,立ち向かっていきたいものです。これらに果敢に挑戦しようとすることは, 意義ある人生を全うするために必要不可欠です。 私たちの脳は,つらく苦しいことは次第に忘れ,楽しいことはいつまでも記憶に留まるようにできています。 だから私たちは,どんな困難にでも立ち向かい続けられるのです。

 今という瞬間,そしてこれからの数年間の考え方や日々を送る姿勢が,皆さん一人一人の人生のあり様を大きく決定づけます。 自分の人生をどのように歩んでいこうとするのか,自分自身とじっくり対話してみてください。

Where am I going?


 私たちは誰かから教えられずして,自ら学ばずして,何一つ考えることはできません。子は親から,生徒は先生から, 後輩は先輩から教えられて育ってきました。こうした多くの学びの上に立ってこその自分の考えであり知恵です。 だから,良い考えや知恵を生み出す人は,同時に良き学びの人でもあるのです。学ぶ心があれば,万物すべてわが師とという訳です。 どんなことからも,どんな人からも謙虚な姿勢で学ぶ心があって,初めて新しい知恵が生まれ,未来の繁栄がもたらされます。

 皆さんの将来の基礎を固めるこれからの三年間,今でなければできないことは何かをよく考えて、充実した時間を過ごしてほしいと願っています。 本校は,悩みながらも自己実現に向けて挑戦しようとする若者たちを,しっかり育んでいきます。

How can I get there?